Tomoko's Art主婦日記

アート主婦の作品を紹介するブログです。

野菜のケーキ

こんにちは!

 

本日は久しぶりにフード&ダインの話題をお届け致します。(^-^)

 

皆様はケーキといえばどんなタイプのものを思いうかべますか? イチゴののったショートケーキを思いうかべる人もいれば、チョコレートケーキ、ナッツ系のケーキを思いうかべる場合もあるだろうしそれはひとそれぞれ。ただそれを踏まえても、一般的に我が国でケーキといって野菜のケーキを思い浮かべる人は少ないかと思う。👀

 

私が今日ブログでアップするケーキはイギリスで出会った野菜のケーキです。町のあちこちで会ったので間違いなくメジャーなケーキかと思います。イギリスのお菓子といえばスコーン!と思いうかべる人が多いかと思うけれど、私個人の経験ではもしかしたらこっちのほうがお目にかかる回数が多かったのではないかと思うほどポピュラーなケーキです。

 

使用されている野菜はニンジン🥕

キャロットケーキ!(carrot  cake)


f:id:t-mokoart:20200916160952j:image

洋菓子を自分で作る方には馴染みのあるケーキなのかもしれません。しかしそうではない私は少なくとも日本でこのケーキの存在をいっさい知らなかったので最初この名前、何かの間違いでは?と感じたのを覚えています。

キャロットってあの人参よね、、、ケーキなの??と。そして本当に美味しいのかしら?と疑っていた。(笑)

 

しかし実際に食べてみると以外にも最初の一口ですっかりハートをつかまれてしまったのです!\(^^)/

 

特有の人参臭さは、他の材料やスパイスとすっかりなじみ、お菓子として全く違和感なく、それどころかクセになる美味しさを感じたのでした。

 

以来、英国滞在中は幾度となく食べたキャロットケーキ。日本ではお目にかかれるのだろうかと残念に思っていたところ、当時の味の記憶とほとんど同じものをDEEN&DELUCAで発見する事が出来た!(ちなみにDEEN &DELUCAでは、直接作る自社製品とセレクト商品があり、キャロットケーキは後者みたいです。私は最寄りのDEEN&DELUCAの店舗で購入していますが、商品の脇にオリジナルの店舗情報がさりげなく表示されていて分かりました。が、タグの情報は小さい表示のため読めなかったり、いつも覚えられず(^-^;今回

DEEN&DELUCA、キャロットケーキで検索すると色々情報が出てきました。機会があったらこの日本ではあまり売っているところのない貴重なケーキを作る大元の店舗にもぜひ行ってみたいと思います(^-^)ゝ゛)

 

お店により味の違いがあるのはよくあること…。しかし、とにかくここの味は私がイギリスで食べた味の記憶と一緒なんです。本当に嬉しい限り!

 

最近涼しい日も現れてきたからかな、こくのある味わいのこのケーキを食べたいと思いたち、久しぶりにテイクアウトして家で頂きました。very good taste as usual !(いつも通り美味しい😋👍️)

 

興味のあるかたはぜひ一度お試しになってみて下さい~♪♪♪(尚、詳しい取り扱い店舗情報及び詳細については最新のものをお調べ頂いてからお出かけ下さいませ。)

 

それでは、もうすぐお彼岸ですね、本格的な秋もすぐそこかな…。♪

今日もありがとうございました。(^-^)ゝ゛


f:id:t-mokoart:20200916161032j:image

水彩のバラと共にアップしたキャロットケーキ♪♪♪秋のティータイム。☕️🥕🍂

 

©️ 2020 Tomoko's Art 主婦日記

ヒマワリ(油絵)


f:id:t-mokoart:20200907173752j:image

 

9月に入り暑いながらも日も短くなり、ゆっくりと秋よりに気候が変化してきている気が致します。皆様元気でお過ごしでしょうか?本日はヒマワリの油絵をアップ致しました。

ヒマワリといえばエネルギッシュで夏の終わりでも、まだまだその生命力や存在感を見せつけてくれます。

モチーフの中でもとても人気のある花です。

 

この絵はヒマワリを主役に何種類かの花材を一緒に花瓶に生けたのだけれど、どこからか風が吹いてきて花達がゆらいでいるような空気感を表現したいと思いました。頭の中に明確なイメージがあり一気に仕上げた絵です。そういう絵は最も私らしさが出て良い仕上がりになる。オーナーさんがつく事が多いです。

 

この絵も例外ではなくオーナーさんがつきました。複数の絵の中から「この絵にします。」と、とても速く決めて下さった事を覚えています。(^-^)。絵を飾って下さりとてもありがたく、感謝です。

 

このブログに遊びに来てくれる皆様にもありがとう。それでは又!

 

©️ 2020 Tomoko's Art 主婦日記

 

 

 

 

 

職人さんの手



f:id:t-mokoart:20200902123707j:image
皆様こんにちは!

9月に入りました。まだまだ暑い…。

ですが、変わらずマスクが必要な日々。

そんな中ふと、思い出すエピソードがありました。

 

( ・∇・)本日は数年前、経験した出来事をエッセイでお届け致します。暑い中、マスクではなく、手袋をしていた人に遭遇したお話。

………………………………………………………………………………

 

そう、あの日も暑い日だった…………。

 

銀座へ向かう丸ノ内線での出来事。

 

飛び乗った電車、一つだけ空席があり、そこに座った。その時隣に座る人物に意識をとられた。知り合いではないが、どこかで見た事のある顔。私の右隣…。

 

テレビに出ている人だっけ?しかしすぐには誰か思い出せない。

思い違い……?と考えながら一瞬視線を落とし、その人物の手を見てハッとした…。

 

思い出した、間違いない…。記事の通りだ。

 

「手袋」をしている!

 

その酷暑の中、その人は寿司を握る手を最適な状態に保つよう手袋をしていたのである。(その方の存在は様々なニュースやドキュメンタリーで取り上げられているし、映画にもなったようだ、私は偶々手袋に関しての記事を新聞で読んだ事があった。)

 

思い出したその人はミシェランの星取りの常連であり、寿司界の巨匠、

小野 二郎さんであった。

 

確かその時すでに90才程のかなりのご高齢のはず。

しかし静かな佇まいと対象的に、手袋をしたその手からは生涯現役で寿司に人生をかけていらっしゃる尋常でない強い意思のオーラが伝わってきた。

恐れ多く、話かけはしなかった。けれど、本物、超一流とはどういうことか、その手袋の手を見てリアルに感じるものがあった。

何か崇高で美しいものを感じました。あの日の出来事、ほんの数分の偶然の出会いながら忘れられない経験です。

 

©️2020 Tomoko's Art 主婦日記

………………………………………………………………………………


追記
f:id:t-mokoart:20200902132257j:image
(同じ電車に乗り合わせる前から暗示するかのように気になりとってあった切り抜き。)

まさかご本人をお見かけするとは!

 

私はこの出来事に遭遇し、超一流の人は人の見ないところでも淡々と、真摯に己れの仕事に向かい日々の努力を続けている人なのだとつくづく感じたのでした。最近、暑い中、マスクをしていてあの時の記憶がよみがえったのです。それで今回のアート主婦日記にアップしました。

 

手につながる似たような話で、著名な画家で母校の教授であったH先生の手も思い出す事があります。アトリエでは気付かなかった先生の手をたまたま一緒に乗り合わせた電車の中で至近距離で見ました。とても洗練された美しい画面を描き出す先生の指先がうっすらと絵の具で色付いていたのが印象的でした。(*これは汚いという意味合いの話ではないです。毎日絵の具を扱っている仕事をする人の手。画家の手だと感じました。)自分の体を使って仕事をする職人さんの手って何て尊く、美しいのだろうとつくづく思います。

それでは、又!(^-^)ゝ゛

今日もありがとうございました。

 

 

 

 

 

☆絵の掛け替え☆

 

皆様こんにちは!

本日は絵を掛け替えたお話です。(*^^*)

 

 

f:id:t-mokoart:20200824170223j:image

というわけで、新しい絵に交換!

(向かって左から右の絵に交代。)

少し部屋の雰囲気を変える事にしました。

 

☆☆☆☆☆☆

 

まだまだ暑い日が多いけれど、季節の先取り!気持ちは何となくさわやかなブルー系よりやや秋寄りのカラーを欲している感じがしました。

絵はインテリアの一部。その時の自分の気分に合わせ飾ること。心地良い空間を作るのが良い、と思っています。(^-^)☆☆☆


f:id:t-mokoart:20200824171416j:image

ザ・油絵です✨

 

この先、暑いながらも季節は少しずつ秋に移り変わって行きます。絵を掛け変えながら、近い未来、2020年秋、穏やかで平和な日々であるように…。と思いました。

今日もありがとうございました。

m(__)m∠※。.:*:・'°☆ lots of love xxx



f:id:t-mokoart:20200826110305j:image

参考までに前に掛け変えした時もブログにアップしました。✨(その時の記事は下のリンクを参照下さい♪)

 

https://t-mokoart.hatenablog.com/entry/2020/04/29/113408

 

 

2020©️Tomoko's Art 主婦日記

 

An essay ー




こんにちは!皆さま暑ーい夏、元気にお過ごしですか?

 

今日はエッセイをお送り致します。

話は昭和の私自身の小学校時代にまでさかのぼります。



f:id:t-mokoart:20200818202855j:image

そしてこの話は1人の熱い情熱を持ってお仕事された偉大な方、世界的デザイナーさんの話にも関連しています。

********************

デザイナーでアーティストの山本寛斎さんが亡くなられたのは最近の事です。

 

https://t-mokoart.hatenablog.com/entry/2018/06/27/110148

 

私はテレビで拝見するだけでも凄く勇気とエネルギーをもらっていた。又イベントに行った事はこのブログにも書いた事があります。(上のリンクをご覧下さい。)そして寛斎さんは地元小学校のクラスメートのお父様でもありました。だから私は直接のつながりはないけれど、寛斎さんを少しだけ身近な人のようにも感じていました。

お子さんとは遊び仲間ではなかった、しかもクラスメートになってからすぐに転校してしまった。よって私の事は覚えていないかもしれません。しかし、私はその子を結構覚えている!記憶には、よく半ズボンをはいていてスレンダーな体型、そしてきっとお父様譲りだったのでしょう、快活な印象の子だった。(ちなみにこの方は芸能活動されていないと思います。)

 

 

ところで本題ですが、その子が転校する際に担任の先生が寛斎さんと保護者面談をしたらしいのです。

そして、そのときの模様を教室で誇らしげに話した事を私はとても良く覚えている。

(その子本人は教室にいませんでした。)

以下先生の話、、、

 

「みなさん、山本さんはこれから違う学校に行く事になりました。お父さんが世界で活躍するデザイナーだから、インターナショナルスクールに転校するんです。」と。

そしてこう続けた、、、

 

それにしてもいつも奇抜なカッコをしているしどんなお父さんだと思って緊張したけど、

考え方もとてもしっかりしていらっしゃって大した人だ!!(想像していた人と大きく違ったみたいなニュアンスが含まれていた。)

 

先生は寛斎さんの言葉にすっかり舌を巻いた様子でした。

 

そして「先生も」エネルギッシュな人になったみたいな感じでした。まるで寛斎さんのエネルギーが伝染しているように!

 

ここで改めて考える事、私はクリエーションに関わる人はエネルギーを自家発電出来る人だと思う。そしてその良質なエネルギーを誰かに分けることが出来る。誰かの心を、動かかす事が出来る。当時は先生の変化を見て子供心にも山本さんのお父さんがそんな方だと察しました。

 

寛斎さんは、ファッションを通し、又イベントやショーなどの表現を通し人々に勇気とパワーをくれた!元気付けてくれた!そしてそれは、まっすぐでポジティブなパワーです。

又日本の文化を力強く表現に取り入れ、世界を舞台に活躍する姿を見て、大人になっても本当に良い刺激を与えて下さいました。(いつも子供時代のあの記憶が頭をよぎりました。)偉大なお仕事の数々に心より感謝申し上げたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今、世の中も混乱気味でこの先どうなっていくのか分かりませんが、寛斎さんのように勇気をもって未来に向かい生きたいと思います。そして行動すること!

アート主婦日記でも少しでも良い事が発信出来たら…と思っております。

 

毎日とても暑いので皆様お元気で!

今日もありがとうございました。

 

 


f:id:t-mokoart:20200817092719j:image

この度、小学校時代の記憶と共に山本さんのお父様の事を書かせて頂きました。山本寛斎さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。m(__)m

 

 

 

されどデッサン!


f:id:t-mokoart:20200730122903j:image

皆さまこんにちは!前回は高校時代に通った美術研究所についての話題を取り上げました。予備校では入試の為のデッサン力を鍛える事はマストです。しかし当時は先生から与えられた課題を面白いと感じた事はあまりありませんでした。石膏像を描かされたり(笑)受験用の常連のモチーフがいくつかあって、コーラの小瓶なんかも代表的なモチーフでした。

(ちなみに先週アップした油絵にも石膏デッサンが描かれています(^-^))

最近ではスターバックス関係のものもモチーフとして良いんじゃないでしょうか!家にあるグラスや買い物した時の紙袋等、久しぶりに予備校風デッサンしてみました!描いてみるとロゴが結構難しいです!デッサンの良い勉強になる!☆☆☆

 

 

さてデッサンを上手く描く事は大切ですが、アーティストとしてもっと大事なのが自分の世界を絵でどのように表現するかです。


f:id:t-mokoart:20200730122917j:image

今では私にとっては、デッサンはそのゴールに到達する為の一つのプロセスという位置付けです☆☆☆。
f:id:t-mokoart:20200730122931j:image

なかでも植物に特化したデッサンをする事がとても多いです。油絵で仕上げるにせよ、描きたいモチーフの特徴をまずデッサンで描く事により、イメージを膨らませたり、構造を丁寧に理解していく感じです。☆☆☆

 

このやり方はあくまで私流だけど、似たような事はどの分野でもあると思う!いわば基礎練習。以前ピアノを習っていた時、やみくもにやろうとしても難しい曲を弾く時には指が上手くまわらないことがあった、しかし徹底的に基礎練を繰り返し、なめらかに弾けるようになった事があります。最近、英語をやっている知人が何となく話せるようになってきたけれどやっぱり文法からやらないとダメかも、、、などと壁にぶつかった様子でした。結局どの分野でも急がばまわれ。基礎的な事の理解が一番スムーズに物事を成す近道なのではと思っています。


f:id:t-mokoart:20200730122947j:image

だから地味な作業ですがデッサンをおざなりには出来ない。ちなみに最近はそれ自体を一つの作品のように仕上げる場合もあります。大人になってから受験じゃないし、好きな物を描く事もあってか、デッサンも楽しいかも!と感じる今日この頃です。☆☆☆

 

お知らせ→ アート主婦日記は来週、再来週は夏休みという形でお休み致します。

次回は20日頃にアップさせて頂く予定です。

よろしくお願い致します☆

 

皆様も引き続き、元気に素敵な夏をお過ごし下さい~( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆
f:id:t-mokoart:20200803195856j:image

夏期講習の気分

こんにちは!お元気でいらっしゃいますか?(^^)皆様には夏休みの想い出がありますか?今年の夏休みは地域によって日数も違ったり色々なのでしょうか?

さて…私にとっての夏休みの記憶は沢山あるけれど、高校の時に通った、予備校の夏期講習もその中の一つです。

 

といっても、当時私は美大の付属校に通っていたので受験向けの講習は必要なかった。が、美大入試に向け頑張る人達の中で揉まれ、自分の為に夏に一皮むけようと修行に出た感じでなのでした。さて、今も昔も美大を目指す人の最高峰は東京芸術大学です。(余談ですが、当時どうしても芸大に入りたくて、3浪4浪している人 もいたみたい:-O)

 

私は技術面においてはそんな芸大志望の子達の中で苦しみました。だって本当に技術が長けていて上手い人がゴロゴロいる!人と比べないのが前提のアートの世界でもへんな作品になってしまった時は講評会にはいつも穴があったら入りたい心境でした。行きたくないと思う日もありました。でもとにかく泣いても笑っても30日弱の短期集中です、だから頑張った。振り返るとそこで恥をかいたり学んだ事は一生の宝物だと思っています。☆☆☆

 

なにより何かをつかもうと無我夢中になった時間を通過し、夏が終わる頃には成長出来た感覚がありました。技術だけでなく精神を鍛えられたのかもしれません。本当に昔の事。ですが不思議と今年の夏は、その頃の時間を思い出しています

今の状況に対し何か変化を起こしたいと切実に感じる今日この頃だからなのかもしれません。夏の力をかりて自分に自分で発破をかけたい気分です!頑張ろうと思います!☆

 

今日はその河合塾美術研究所時代に描いた油彩をアップしました。(実際はここで学ぶのが好きで夏期講習含め、しばらく通いました。)


f:id:t-mokoart:20200727165023j:image
その頃の作品。

ちなみにこの絵は当時、塾のパンフレットに登場したはず。(記憶レベルですが私の作品だ!?と思った覚えがあります。)

又当時の河合塾の若い先生方は今思うとえっ、あの人が!と思ってしまうような現在美術界で活躍されているすごい面々がおられたはず。駆け出しの頃ににこちらの研究所でお仕事されたのでしょう。今もそうかと思いますが河合塾のプログラムは予備校の概念を越えた(単に受験生を合格させるだけでなく)アートの本質を教えてくれる場であり、とても良い内容でした。本当に感謝です!

 

密度の濃い時間を過ごさせて頂き、自身の作品も荒削りだけど味わいある絵ができました。今となっては高校生の感性だから描きたくてもこういう風には描けない(笑)!

だから改めて今は今しか描けない表現を頑張りたいと思う。p(^^)q

 

皆様にとってこの夏はどんな夏になるのでしょうか?元気に2020年、良い夏をお過ごし下さい。☆☆☆☆☆ありがとうございました。

 

お知らせ♪カテゴリーにcultureが加わりました。よろしくお願いいたします(^^) 
f:id:t-mokoart:20200727170215j:image