Tomoko's Art主婦日記

アート主婦の作品を紹介するブログです。

額えらび

皆様こんにちは!

 

前々回では壁の色は国によって嗜好、文化の違いがありそうなことを書きました。私は額にもその傾向があると思っています。

 

例えば黒の額縁はイギリスではよく使われている色でした。(前回話題に取り上げたポール・スミスさんの展覧会の例のように)

現地で絵を学んだ経験のある私は自分の絵にも結構採用しています。

 

写真下上段―ポール・スミスさん展覧会より

もう1枚は自作☆

 


f:id:t-mokoart:20210417200309j:image

 

しかし最近では時代と共にシンプルモダンな明るめのフレームの方が日本の家屋にはあっているかも、、、(^-^)

と感じていてホワイトの額の頻度も増加中☆

 


f:id:t-mokoart:20210417200559j:image

絵と額縁の関係で何が合うか、正解はありません。実際、抽象の表現の作家さんはあえて額のない状態で発表されている場合 も多いです。

 

一方美術館の巨匠の絵は豪華で重厚な額がマッチングされている例が多い。又デパートにテナントを持つ売り絵屋さんにはモダンでインテリア性の高い素敵な額も多いと感じます。シチュエーションにより額のあり方も千差万別…♪♪♪。

 


f:id:t-mokoart:20210419191434j:image

写真上、SOMPO 美術館のコレクション、ゴッホのひまわり。さすが格調高い額を合わせてある☆もう1枚は自作。額はホワイトに少しライトブルーを入れた2色使いのインテリア性の高いものを合わせた例☆

 

というわけで絵を生かす脇役的存在ではあるけれど、額縁や壁などの絵を取り巻くものをトータルで見るのも作品のちょっと面白い見方です。ぜひお試しになってみて下さい!

 

 

それでは又♪ありがとうございました。(^^)

 

ポール・スミス展、ゴッホの絵に関しては撮影OKのものをアップしています

©️2021Tomoko's Art 主婦日記

 

 

 

 

 

 

 

 

絵をかけるvol.2

本日は前回の話題の続きです。

絵をインテリアの一部として考えるとイギリスのお宅では色のついた壁にマッチさせている例を多くお見受けしたというお話を致しました。

日本でも商業施設や個人のお好みでカラフルな壁を採用している例はいっぱいあるでしょう。しかし家庭では少数派かもしれません。感覚としてはあまり色の主張がないものの場合が多いかと思います。


f:id:t-mokoart:20210410111732j:image


フォト左→U.K.のお家の例

フォト右→我が家の例

―この画像の作品は全てmy work

 

余談ですが、以前仕事で日本に駐在した友人がシンプルな壁の色に驚いたという話を聞いたことがあります。人によっては無機質に感じる場合もありそう。賃貸の物件ではあまり壁に手を加えるわけにいかないし、そんな需要に答えてくれる外国人向けの壁紙業者さんもいるらしいと当時聞きました。(今現在はきっと色んな方法があると思います)

 

又イギリスでは他にこんな飾り方をよく見た覚えがあります。下のフォトのようなイメージの飾り方☆☆☆

これは一般家庭ではありませんが私の大好きなデザイナーのポールスミスさんの展覧会が日本で開催された時の模様(撮影OKでした)



f:id:t-mokoart:20210410225512j:image

上下左右に壁いっぱいの飾り方です。

隙間なく飾る見せ方☆

 

ああ、これこれ!イギリスにあった!と思った次第。このようなイメージのお宅は確かにありました。絵だけでなくて、家族写真を上下左右に沢山掛けていたお宅もありました。

 


f:id:t-mokoart:20210410225051j:image

又こんな壁にも遭遇(番外編)☆☆☆

これは絵ではなく鏡が壁を飾るインテリアとして採用されている例。壁紙が凝っている例でもあります。イギリスの一般家庭です。

 

実は絵だけでなく、飾るものも飾り方も多様性があり楽譜や、ユニフォーム、ギター等の楽器を取り付けたり、壁面の演出は色だけにとどまらず本当に様々。みな、共通しているのは自分のアイデアでインテリアを楽しんでいるという点でした。

 

家の構造や地震がない土地柄である違いがあるにしても、自由度は日本よりあるかもしれない印象でした。

 

私は環境や見せ方はそれぞれで良いと思う、とにかく描く立場の人間として絵をインテリアに加えたり飾る楽しさを沢山の人に知ってもらえたらと思います!(^^)

 

それでは又!今日もありがとうございました。(^o^ゞ

©️2021Tomoko's Art 主婦日記

 

絵をかける vol.1―壁の色


f:id:t-mokoart:20210403113809j:image
皆様こんにちは!(^^)

本日はまず花の絵を1枚紹介する形でスタート!

このブログのカテゴリーの分類ではインテリア部門から。今日は絵の見え方に強い影響をもたらす壁についての話題をお届け致します。

 

最初にアップしたのは自宅の壁に掛けた例。しかしこの絵はイギリスで壁にかけられたこともあり、その時の模様が下にアップする写真(普通のお家です)

 

f:id:t-mokoart:20210403125443j:image

先のフォトとだいぶ違うのは壁の色!

はい、イギリスのお宅はこういうカラフルな壁のお宅がじつに多いのです。日本の一般家庭ではあまりお目にかからないピンクや黄色、グリーンとか本当に多い!

だから絵の見え方もかなり違う場合がある。

 

私はイギリスのこの感覚をいつか自分の家の壁にも採用したいと考えていて、そのチャンスが何年も経って訪れ、明るい濃い水色の壁を試みようとしました。そうしたらインテリアコーディネーターの方にあまり強い水色にすると子供部屋みたいなニュアンスになるんじゃないでしょうか?と少し心配されてしまった!(笑)

 

それは偶々その方個人の感じ方だったのかもしれませんが、日本とイギリスでは文化の違い、生活空間に関する色についての感性の違いがあるんだなぁとしみじみ感じたのでした。それで、ほんの少しだけ壁の一部をうす~い水色にしたのでした。

 


f:id:t-mokoart:20210403230927j:image

 

結論としては、色々家具との相性や全体のバランスも考え、アドバイス通り我が家の場合はうすい水色の壁にしたことがベストであったようでとても満足しています。

\(^^)/この話題は又次回に続きます……

(ちなみに花の作品は全てイギリス生まれの自作♪♪♪)

 

それでは今日もありがとうございました☆

 

 

©️2021 Tomoko's Art 主婦日記

 

 

 

食の記憶を絵でメモる


f:id:t-mokoart:20210327145134j:image

皆様こんにちは!もうすっかり春!

お元気ですか?

さて、このブログのタイトルはアート主婦日記です。日々忙しさを言い訳にたいした料理もしない私 (^^; 。が、スーパーマーケットやデパ地下をのぞき食品を見て歩いたり、時々シロクマと興味のあるレストランに行ってプロの味を楽しむのが好きです。そして、あっ、これ好き!と感動すると挿し絵付きで記録するのが好き。写真の時もあるけれど絵にすると結構記憶に残るのです。

 

本日はその一部をご紹介致します😋

冒頭の挿し絵は鎌倉のフレンチレストランの記録、以下は様々な場所でもとめ気に入ったものをランダムに記録したもの。☆☆☆

f:id:t-mokoart:20210327144425j:image


f:id:t-mokoart:20210327144442j:image


f:id:t-mokoart:20210327144509j:image


f:id:t-mokoart:20210327144529j:image

 

と…何となく誰かに語りかけている感じの内容です。(^^)

 

私は自分で凝った料理、お菓子は作りません。(学生の頃から料理店でアルバイトしたりして職人さんがものすごい手間をかけて料理しているのを見て過ごした経験があり、私自身は凝った料理は餅は餅やにお任せしようという感覚なんです。シロクマもそれは心得ているようで家庭では簡単料理ばかり。(笑)

 

でも食の感動を自分流に記憶のメモのように絵にしておけたらと思っている。これからも思わず、これ絵に残したい!と感じるような食事や食べ物に沢山出会えると良いなぁと思います。(^^)v

 

最近は外食の機会が減りがちなので1日もはやく大切な人やお友達と安心して思いっきりご飯が食べられる日が戻ってくることを願っています!!!

 

それでは、今日はこのへんで ♪

又お会いいたしましょう\(^^)/

ありがとうございました。.:*:・'°☆

 

*尚、記録に出てくる話は書いた当時の私の記憶レベルです。必要に応じ各商品の情報、価格等は最新の正確な情報をご確認下さいませ。

 

©️2021Tomoko's Art 主婦日記

ヒヤシンスの作品

皆様こんにちは!

桜もちらほらと咲きはじめ、暖かい日も増えて来ました。春の到来を感じますね\(^^)/

私は花を描くのが好きなので、最近、お散歩途中に色とりどりのお花が目を楽しませてくれて、とてもハッピーな気持ちになります。

本日は春の花、ヒヤシンスの作品をご紹介致します。.:*:・'°☆

 

f:id:t-mokoart:20210320112521j:image

この花は油絵ではなく、繊細なディテールを優しく表現するためにエッチングという版画の技法で表現したくなりました。

上のフォトはカラーエッチングの技法を用いた作品☆♪♪♪


f:id:t-mokoart:20210320112546j:image

こちらは同じ版による黒単色で刷ったものです。線だけでシンプルに表現するのも力強い印象があって、これもこれで楽しめるかと思います。同じ版を使い無限に作品を刷ることが出来るのが版画の良いところ!

 


f:id:t-mokoart:20210320112559j:image

ヒヤシンスは私にとって非常に創作意欲をかきたてられる花です。

これからも作品化させていきたいモチーフです!

 

春が来るとやはり心弾みますね!

一緒に春を楽しみましょう。それでは叉!

\(^^)/今日もありがとうございました♪

 

©️2021 Tomoko's Art 主婦日記

a cat in the greenish garden -緑の庭の猫


f:id:t-mokoart:20210228122334j:image

こんにちは!

本日はこちらの作品をアップしました。

 

シロクマのお友達がこの絵をみる機会があり、その方が過去に出会った白い猫を思い出したそうです。とても嬉しいお言葉でした。見た方の記憶にシンクロしたという事が嬉しいです。

 

作品に出てくるのは現実にある場所です。

でも本当は猫はいませんでした。

この風景を見て私の心の中に見えた猫です。

 

ちなみにこの絵は昨年コンペに出し入選しました。次回は賞がとれるように頑張りたいと思います!


f:id:t-mokoart:20210312145500j:image

今日もブログに遊びにきて頂きありがとうございました( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

それでは叉~!

 

©️2021 Tomoko's Art 主婦日記

フォトat アートギャラリー

皆様こんにちは!3月に入りましたね!

まだ寒い日もありますが、季節はこれから加速度的に春になるかと思います。

私は暖かくなってきたら引き続き気になる展覧会に行く予定。(^-^)/もちろん気をつけて。

 

ところで、最近スマホの普及による社会の変化か…写真撮影やそれをネット上にアップする場合について、美術館側からお願いされることも増えてきました。事前に注意書きを渡される事もあります。(自分の絵の展示でも撮影を許可して良いか主催者側からきかれる場合があります。)

 

f:id:t-mokoart:20210305182334j:image

上の写真はそんな取り組み例の一部。撮影可能な場所に印がついていたり、展示作品以外は撮影オッケーなど様々。これは主催者の考え方により色々なパターンがあります。😌


f:id:t-mokoart:20210304202103j:image

そんな中、、、

超有名な絵の撮影を許している美術館がありました!

 

場所は、今年1月に訪れたSONPO美術館。


f:id:t-mokoart:20210304202412j:image

あのゴッホのひまわりです。

これは凄い!!

意外にオッケーなんだと感じたのは、どうやら私だけではないようで、え~!撮影良いんだねぇ…。と言っている人がいました。

(芸術作品は大変デリケートなので美術館によっては劣化を防ぐために撮影を許可していない事がある。)

というわけで、今回は画像をアート主婦日記でご紹介することが出来ました!\(^^)

 

余談ですが私はロンドン滞在中、名画を集めたイギリスが誇る美術館、ナショナルギャラリーに幾度となく通い、世界中から集まる人がゴッホの絵はどこ?と言っているのをしょっちゅう聞きました。世界でも別次元で人気のある画家である事を肌で感じた!

 

だから日本にそんなゴッホの作品がある、しかも代表作ひまわりがあるということは改めて凄いことだと思っています。皆様も機会があればぜひ本物の作品の方をご覧になってみて下さい~!(*^^*)

 

それでは、きっと叉美術館に行った話題を撮影可能な作品の画像と共に紹介するかもしれません(^o^)/本日はこのへんで!

ありがとうございました。♪♪♪

 

*ひまわりの絵は同美術館のコレクションであり常設で展示されている形です。

実際はその都度開催されるメイン展覧会に行く機会と合わせて鑑賞されるのがオススメです。叉時期により展示されていない場合があるかもしれません、確認してからお出掛け下さいませ。(^^)/

 

 

©️2021Tomoko's Art主婦日記