Tomoko's Art主婦日記

アート主婦の作品を紹介するブログです。

続・本屋さんが好き等々。


f:id:t-mokoart:20201118121023j:image

皆様こんにちは!本日は前回の話題に引き続き、本屋さんに関する話題を続けます。

が、カテゴリーはフード&ダインです。なぜなら今日の話題は「ハヤシライス」。

 

もともと 大型書店ジュンク堂池袋店にはよく行くのですが、その近くにあるMARUZEN cafeが以前から気になっていたのでした。(丸善ジュンク堂は同じ系列です。)

発端は、ある日ジュンク堂に置かれていた小冊子を読んだ事。それによると、普段何気なく食べていたハヤシライスは丸善の創業者と関連があり、その名前がついた料理であるらしい事が分かりました、さらに最寄りのカフェにてその伝統の味を頂ける事が分かった!興味津々でいつか行きたいと思っていました。☆☆☆

 


f:id:t-mokoart:20201118121956j:image

そして本日、早矢仕ライスを頂きました😍💓

(ルーがキラキラしている!)

 

お味は…?!

 

その当時の味と全く同じかどうかまでは分からないけれど、とにかく現在、継承されている味は私が想像していたよりずっと美味しかった!程よい甘さと苦み、そしてしっかりとコクがあります。具沢山のルーではありません。けれど、この場合シンプルにルーとご飯で頂くのがベストではないかと感じました。ランチだったのでミニサラダとドリンク付きでした。(セルフサービス形式)

 

又ここのロケーションは吹き抜け天井のゆったりとした空間に電車の車両が常設され、とっても和みます♪小さなお子さんもいてお母さんと一緒に美味しそうに食べていたのも微笑ましかった。(^^)

 

本と文房具、伝統の味とカフェ!興味のあるかたはぜひお近くに来た際チェックしてみてはいかがでしょうか!

(*尚、ネット検索してみたらハヤシライス考案については諸説あり、参考までにこちらの説ではテーブルのポップにはこんな感じの話が紹介されていました。→福澤諭吉の門下生であった創業者、早矢仕 有的― ハヤシ ユウテキ は明治2年に丸善を設立、友人の訪問の際、有り合わせの肉や野菜のごった煮をふるまったといわれる。評判を呼びやがて、この料理が早矢仕氏の名前、→ハヤシライスと呼ばれるようになった。等々…。)


f:id:t-mokoart:20201118123947j:image

☆画像はイメージ☆

ゆったりとした空間で飲食が楽しめる。丸善が出てくる梶井基次郎の小説、檸檬にちなんだメニュー も少しありました。今度はやはりカフェがあるらしい日本橋や丸の内本店にもぜひ行ってみたいです。😋

 

食後、地下のMARUZENにて文具を購入…☆

丸善支店ということで記念に檸檬🍋の一筆箋を買いました♪♪♪(私はたしか高校の教科書で読みました。短い話ながらすごく印象に残っています📖。)通常の文具の他に老舗ならではのオリジナル商品や檸檬モチーフの商品もあり品揃えが豊富です!\(^^)/



f:id:t-mokoart:20201118150755j:image
ちなみに、池袋MARUZENは主に文具の取り扱い。本が欲しい場合は数メーター離れたジュンク堂書店に行く形かと思います。私はラゾーナ川崎にあるMARUZENに行きガッツリ本を買う事が多いんですが、こちらは文具のセクション、カフェは同じフロアにあるようです。支店によって形態が色々あるかと思います。詳細は必要に応じお調べ下さい☆

 


f:id:t-mokoart:20201118150826j:image
池袋店は正面に見える鉄道車両が目印です☆

 

それでは本日はこれにて失礼致します。

今日もありがとうございました。\(^^)/

 

*当初あげた記事にラゾーナ川崎にはカフェがないとしてしまいましたが、ラゾーナ川崎にもカフェがございます。間違いに気付き訂正いたしました。 申し訳ありません。m(__)mm(__)mm(__)m

 

 

©️ 2020 Tomoko's Art 主婦日記

本屋さんが好き、等々。



f:id:t-mokoart:20201111205420j:image


皆様こんにちは!こちらは新宿西口にあるビル☆壮大なアート作品ですね!ちなみに本日お伝えしたいのはビルの話ではなく、このビルの下にある本屋さんに関連するお話等々です。

 

個人的に本屋さんが大好きです。別に文学に詳しいとか本の虫というほどではないけれど良く足を運ぶ。ちなみに画像の建物の下に入っているのはブックファースト新宿。ここの場合はユニークでウルトラモダンな建物の下が大好きな本屋さんというシチュエーションも気に入っています(地下一階、二階 )

 

他にもあちこちの本屋さんに立ち寄ります。

小さい本屋さんから大きい本屋さん、古本屋、アート系専門書の店などetc.etc.

 

気になる本を手に取り、買ってみて何かを学ぼうとする。又は本を物色しつつアイデア探しをしたり!多くの人はそんな純粋な知的好奇心の欲求から書店に足を運ぶのだと思います。だからかな、私は本屋にいる人や本を読む人の表情が好きです。(^-^)

 

絵描きとしては、何かを読んでいる人はとても絵になると思っていて、隠し撮りみたいについ「隠し描き」してしまう時がある(^^)📖 そのたたずまいにひかれる感じ。


f:id:t-mokoart:20201109230207j:image

 

そんなわけで、これからもこんなスケッチを続けてしまいそうです…………………✏️✏️✏️(^^)

 

*ビルは東京モード学園コクーンタワー

丹下憲孝氏による建築。

 

 


📖コラム◇◇◇◇◆◆◆◆◆

車内にて。

7年前にロンドンからファルマス(私の住んだ英国の田舎町です。)に向かう列車の中でも思わず本を読む人を隠れスケッチ!その画像もアップ致します。

 

f:id:t-mokoart:20201110115443j:image

 

スケッチしたのは年配の女性で読んでいたのは 電子書籍でした。日本に比べイギリスでは圧倒的に古い重厚な建物や公共物が多いので、そんな中、この例を含め人々が結構な割合でテクノロジーを感じさせる電子書籍を読んでいるのが新鮮でした。古いものと新しいものとの絶妙のコントラストを感じました。☆☆♪

個人的にはより絵になるのは紙の本を読んでいる人かと思いますが、これは印象に残ったための記録のスケッチ。(*^^*)

 

それでは今日はこの辺で…。寒くなってきました。皆様もお元気で!

今日もありがとうございました。◆◆◆◇◇◇

©️ 2020 Tomoko's Art 主婦日記

マダムのバラの肖像画


f:id:t-mokoart:20201101202542j:image

皆様こんにちは。

本日はオーダー頂いた作品のご紹介です。

個展にお越し頂いた後、バラの作品の依頼がありオーダーメイドで制作。絵はご自宅の壁に取り付けて飾ってくださった。ご主人が玄関の壁面に取り付けてくれたとの事でした。

写真はその模様の画像。

 

依頼主は複数の絵をオーダー下さいました。(*私の絵は有り難くそんな感じでコレクションして飾って下さっているかたが他にもいらっしゃいます。m(__)m)実は依頼主の奥様は数年前に旅立たれました。しかし、ご家族が私の絵は大切に飾ります。と言ってくださいました。

 

生前、あなたはガッツがあるから応援したいといってくださいました。家族のための毎日の食料品の買い出しから帰って来てやれやれと玄関に荷物を置くとこの絵が目の前に入ってくる。西日にあたっている絵の美しさに心奪われホッとするわ。といってくださいました。あの可愛がってくれたマダムの事を秋のバラを見ていて思い出します。色々な事があり絵筆を走らせるのが大変な日もありますが、このお言葉や他に応援して下さる方々のエールを胸に頑張ろうと思います。


f:id:t-mokoart:20201105134409j:image

花を描くと生命を感じます。花の命は限られた時間だけど(花だけでなく全ての生命あるものが)その生命力や美しさを画面に封じ込めたい、永遠にしたいと思って描きます。この絵を描かせてくれたマダムに心から感謝しております。

 

◇今日もありがとうございました◇

 

©️2020 Tomoko's Art 主婦日記

原宿のカフェ・クリスティ


f:id:t-mokoart:20201025171602j:image

もうじきハロウィーン!こちらのカフェ(喫茶店)でも可愛らしいディスプレイがほどこされています。

f:id:t-mokoart:20201025171358j:image

こちらは原宿、竹下通りの路地に入ったところに昔からある、クリスティさん!!この看板が目印\(^^)/

あの人通りの多い竹下通りの路地を一本入ったところにあるお気に入りのお店です。

 

私はかつて原宿でバイトをしていた事があり、その時のバイト友達が教えてくれたのがここに来たきっかけでした。もう20年以上前の事です。♪



f:id:t-mokoart:20201028113546j:image



紅茶をはじめとした、飲み物、自家製のスコーン、タルト、ケーキetc.etc. 色々魅力的なラインナップがある。しかし!なんといっても下の画像のトーストが一番インパクトがあるのではないでしょうか!


f:id:t-mokoart:20201027130818j:image

◇◆◇チーズママレードトースト◇◆◇

 

初めてメニューを見た時はこれってどんな味なの?!と不思議に思いながら試しました。が、あら不思議!甘味と塩味のバランスが絶妙で、以来すっかりやみつきです。

 

そして同じような経験をした方がきっと沢山いらっしゃるはずなのです。(^-^)

というのも、昨年夏ごろだったか、面白い場面に遭遇しました。その日一人でお茶していると、二人組の外国人女性が入店、私の隣に座りました。会話から察するに二人はイギリス出身で一人は日本在住、もう1人は一時的に日本滞在のようでした。

 

そして在住の人は、どうやらこのお店のリピーターで、お友達をクリスティに連れて来たかった様子です。そして、面白い事を言いだしました。

 

ちょっとこのお店のチーズママレードトーストを試してみてよ!!おかしな組み合わせだけど、すっごく美味しいから!

(*ちなみにIt sounds a bit weird but…という流れの会話だったので、ほぼこんな感じの訳かと思いますが、逆説的に明らかに美味しいという意味で説明をしていました。)

そう、ママレードといえばイギリスで代表的なジャム、私は隣で興味深くこの会話を聞いていましたが、個人的にもイギリスでお目にかからなかったし、やっぱりこれは珍しいんだ!と知って驚きました。思わずイギリス人も友人に薦める味!連れてきたくなるような店!二人は紅茶とママレードトーストを楽しんでおりました。なんだか嬉しくなりました。\(^^)/


f:id:t-mokoart:20201027130058j:image
f:id:t-mokoart:20201028113836j:image

それもそのはずで、クリスティさんは日本紅茶協会で認定を受けた美味しい紅茶が飲める店なのです!(2020年版にも名前がのっています☆)

 

そして、お店の雰囲気はとてもジェントル!

 

多分オーナーさんはアガサクリスティ好きの紳士な方だと思う。この建物の上はアガサという貸しスタジオらしいので👀。

ちなみに一度だけ、この絵に似た男性をカウンターで見かけました。あっ!きっとあの方がオーナーさんだ!と確信しました!(^^)

 

私は平日にしか行ったことがないのですが、店員さんも感じ良く本当に居心地良い場所です。♪♪♪

皆様も竹下通りにいく際にはぜひお寄りになってみては~(^^)

今度は前から気になっている、きゅうりサンド🥒もぜひ試してみたいと思います。

(イギリスのアフタヌーンティーでは定番ですがオリジナルバージョンらしい。)

f:id:t-mokoart:20201028085405j:image

それでは今日もありがとうございました(^^)

 

©️ 2020Tomoko's Art 主婦日記

 

イギリスの花瓶とバラ


f:id:t-mokoart:20201022092338j:image

本日もシンプルに油絵を一点アップ致します。ロンドンで描いたバラの絵。

先週の絵と一緒でやはりバラと花瓶のハーモニーがモチーフです。

一見シンプルでありきたりに見える花瓶ですが日本ではお目にかからない素敵な花瓶でした。お花もお国が違うとかなり雰囲気が変わります。(この絵はバラ)イギリスでは庭先からハサミでパチリと花を切って生けこむような事も多いせいか花が自然に近い状態のニュアンスがある。純粋に美しいと感じる☆☆☆

絵描きとしてはその方が描きたい!という気持ちが強まる感じです(^^)

 

余談ですが、この作品はオーファーを受け、企業用の撮影にお貸しだしした事があります。(レンタル)その用な形で作品が社会で役立つのも嬉しいです。\(^^)/

 

今日もありがとうございました。m(__)m

©️ 2020 Tomoko's Art 主婦日記

お気に入りの花屋さんの花を描く



f:id:t-mokoart:20201015185252j:image

 

本日はシンプルに絵を1枚アップ致します。

季節はすっかり秋、AUTUMN!(オータム)

秋らしいこくのあるオレンジ系、暖色の絵です。ちょっと変わった形の花瓶☆花と花瓶のハーモニーを楽しんで描きました!共に十数年前、レミルフォイユ ドゥ リベルテというお花屋さんで求めました。☆☆☆都内はじめお店があちこちにあるようですが、フランス由来の花屋さんであると店員さんに聞きました。なるほど!エレガントでエスプリの効いた素敵なものを取り扱っていらっしゃいます。

こちらのお花に絵心をそそられ、今までには数えきれないほど描かせて頂いています。☆

 

********************




f:id:t-mokoart:20201015190504j:image

フォト:お店で頂いたカードより♪

尚、レミルフォイユ ドゥ リベルテさんについては非常に確立された世界観がありますので、百聞は一見にしかずで、興味がありましたらぜひ直接店舗に行かれるかホームページにアクセスされるとよろしいかと思います。きっと美しい花たちやアレンジされたブーケを沢山見る事が出来ると思います!\(^^)/

今日もありがとうございました。☆☆☆

 

©️ 2020 Tomoko's Art 主婦日記

********************



 

 

ヴィンテージの小物

皆様こんにちは!

前回、前々回、アンティーク家具の話題をお届けいたしました。本日は番外編。所有するヴィンテージ小物をご紹介致します。(後ほど絵の画像も1枚あります(^^))



f:id:t-mokoart:20201008080304j:image

そう、私には過去に手に入れたもので気付けばヴィンテージ化した所有物がいくつかあります。そして家具や絵と共にインテリアとして飾っています。その例をいくつかアップ…☆☆☆

 

********************

 

ex.1 小箱とネズミのお人形(小学生の時ピアノの先生に頂きました♪)
f:id:t-mokoart:20201007171917j:image

 


ex.2 実家に昔からあったカップ
(どういう経緯で家にあったのかまったく分からない(笑))
f:id:t-mokoart:20201007170229j:image

 

 


ex.3 イギリスに憧れて中学生の時に買ったお菓子の缶(勝手に錆びてきて良い感じになりました。)
f:id:t-mokoart:20201007175555j:image

 


ex.4&5 小皿と鍵(鳥の小皿は吉祥寺で気に入り買いました。アメリカのヴィンテージ♪)

f:id:t-mokoart:20201008075749j:image


そして、こういうものから時々インスピレーションを得て描く絵もあります。

 

鍵がモチーフの作品♪
f:id:t-mokoart:20201007175720j:image

 

********************

 


f:id:t-mokoart:20201007182309j:image
ロンドンでのフォト~古い映画かお芝居関係のグッズだったと思います☆

 

買った時は何のヘンテツもないものでも時間という魔法が加わって味わいが出てくる物って確かにあると思います。イギリスの人達はそういう物が大好きなようで別に特別な価値がなくても古い物を好み、興味を示します。むしろそういうものが素敵だと思う人が多いかも!?(以前、現地の園芸を紹介する番組でブランドニューの新品の鉢が嫌なら外に置いておきましょう。そのうちこけが生えてきて古くなり良い感じになります。と解説している場面があり、なるほど😲と思ったことがあります。)

 

日本にも古道具屋さんやアンティークショップはあるけれど、それとは比にならなほど、町中に沢山の店やマーケットがありました。

あまり高額でもなく、絵になるものが沢山見つかりやすいのが嬉しい環境。又ロンドンに古い物をあさりに行きたいなぁ!!(^o^)/

f:id:t-mokoart:20201007223934j:image
アンティークマーケットのストール☆ゴチャゴチャと色んなものが!まるで宝探しのようです。

 

尚、個人的にはアンティークやヴィンテージはアクセントとして取り入れるのが好き。生活の中で2割位のバランスで楽しんでいる感じです。

それでは今日はこの辺で!ありがとうございました。

( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

 

©️2020 Tomoko's Art 主婦日記